GitHub Flavored Markdown ファイルの Web ブラウザでのプレビューに Grip を使う

「Markdown で書いているノートを Web ブラウザで見るのに MkDocs を使う」とつぶやいたら @bsdhack 氏が Grip を紹介してくれました。 私はgithubなどのmdファイル(https://t.co/nyoqRnjsN7)を読むために python製の grip 使って↓なスクリプトを書いて使ってます。grip --export ${1:-README.md} - | w3m -T text/html— Mitzyuki IMAIZUMI (@bsdhack) 2018年2月28日 さっそく試してみました。 $pip2 install grip でインストールしたら Markdown ファイルを指定して Grip を起動します。 grip index.md Grip が http://localhost:6419/ で Web サーバとして立ち上がるので Web ブラウザでアクセスすると index.md の HTML 変換されたものを見ることができます。なお grip -b index.md とすれば起動と同時に Web ブラウザで開いてくれます。URL でパスを指定すればそのまま同じ/サブディレクトリにある Markdown ファイルもプレビューできるので、ハイパーリンク付けをしておくことでドキュメント群をブラウジングすることもできます。なるほどお手軽で便利。 GitHub 上とほぼ同様の見慣れたデザインになるのがいいですね。 そもそも Grip は「GitHub Readme Instant Preview」で GitHub 上での表示確認のためのツールで、 GitHub の REST API を使ってレンダリング結果を生成しているので当然といえば当然だったりはします。 ただそのかわり GitHub の API を使うので オフラインでは使えない(オフラインレンダリングは開発中) 外部サービスを使って変換させたくないドキュメントには使えない と場合によっては不便な部分があります。なお後者については GitHub Enterprise があるなら Grip でそちらを指定するとう手もあります。 GitHub に push する前にチェックしたい時はもちろん、それ以外でさっと Web ブラウザで見てみたい時にも便利なツールですね。 https://github.com/joeyespo/grip